スポンサードリンク

IT業界は女性に向いている職種である。

IT転職就職を考えている女性のあなた、
IT業界は女性に向いている職種です。

プログラマーやSE(システムエンジニア)は、今や女性でも十分可能な職業です。

むしろ女性であることが、メリットになることさえあり得ます。

まず、IT業界の仕事のほとんどは、パソコンを操作できればよいので、
男女の筋肉差は影響しません。

もちろんプログラマーもそれなりの体力は必要ですが、
他業種、例えば肉体労働ほどの筋力は要らないわけです。

一昔前の業界イメージでは、
オタク系の男性技術者が、徹夜も惜しまず、
カタカタとキーボードを打ち続けて、ひたすらプログラミングしている感じでしたw

私も深夜まで働いた経験があります。

でもさすがに今は、労働基準法も整備されてきたし、
会社選びでブラック企業にさえ入社しなければ、まず大丈夫です。

ごく当たり前の労働環境が整っているIT企業に入社できれば、
女性でも安心して働けますよ。

また、プログラマーと言えば理系のイメージですが、
実は文系出身のプログラマーも多くいます。

プログラミング言語というくらいですから、プログラムは言語です。

基本からちゃんと学べば、誰でも習得できるものなんです。

女性は言語を操るのが得意ですから、本来は向いているはずだし。

IT業界の職種は、プログラマーやSE以外にもたくさんあります。

企画、営業、広報、etc...

中には女性だからこそ、力を発揮できる部分もあるのです。

例えば、買い物するのは女性が中心ですから、
女性客の気持ちがわかるのは大きなメリットです。

女性ならではの視点、アイデアもあることでしょう。

商品写真の印象も女性目線が大事だし。

実は色の区別では女性のほうが優れていて、
男性では感じることが出来ない色の差がわかるのだとか。

Web系のプログラミング言語を習得し、
家庭で子育ての合間を利用して仕事をしている女性もいます。

WordPressでのホームページをカスタマイズしたり、
JavaScriptなどで動きを付けたりする業務などは、どこでもできますからね。

打ち合わせもインターネット上で出来るので、会社じゃなくても良いわけです。

IT企業によっては、自宅勤務を取り入れている会社もあるので、
IT業界は女性にとって働きやすい環境の先駆けになりつつあります。

スポンサードリンク






IT転職・就職 入門講座 TOPへ