スポンサードリンク

IT転職 新人でも後輩に教えるつもりでプログラミングを勉強する。

IT転職したら、ベテラン経験者でも新しい会社では新入社員です。

もしあなたが新人だとしても、

最初から後輩に教えるつもりで勉強したほうが、

どんどん仕事を吸収でき、きっと伸びます。

なぜなら人は、教えている時が一番、学んでいるからです。

教えている先生のほうが、学びが多いのは、よく知られています。

それに来年か、数年後には、確実に次の後輩が入ってきますよね。

あなたが先輩社員から習っている今こそ、

次の後輩に伝えるつもりで、

IT関係の仕事の内容や、プログラミング技術などを、まとめておきましょう。

この経験は、きっと役立ちます。

ずばり、仮想の後輩に教えるつもりになるのがコツです。

人に何かを教えるには、あやふやな状態では、相手に伝わりません。

上手く教えるには、あなたの中でしっかり消化吸収し、

細かい点まで明確に答えられるようにしておく必要があります。

そのためには、疑問点はすべて調べることになります。

特にITやプログラミング関係の技術は、

調べなければならないことが多いですよね。

だから教えることを意識すると、あなた自身の勉強にもなるのです。

将来、実際にあなたが後輩に教える機会が無かったとしても、

学んだ時点で、もうメリットは得ています。

幸い、後輩を指導する立場になったら、

まさに準備してきたことが活きるでしょう。

先生として、また学べるのだし。

つまり、新人時代の心の準備次第では、

一石二鳥の学びのチャンスとなるのです。

スポンサードリンク






IT転職・就職 入門講座 TOPへ