IT転職で、プログラマーやシステムエンジニアに必要な資格について。

IT転職 や就職を考えている人は、資格が気になると思います。

「資格が無いとなれないのでは?」と思っているかもしれません。

でも実は、プログラマーやシステムエンジニアの仕事に就くには、必ずしも資格は必要ありません。

医師や弁護士のように、国家資格が必要というわけではないので、スキルや能力があれば、誰でもプログラマーやシステムエンジニアになることができます。

しかし、「情報処理技術者試験」に代表されるような国家試験はあります。

情報処理技術者試験は、年2回実施されています。試験はいくつかの部門に分かれていて、システムアドミニストレータという言葉は、聞いたことがあると思います。

また、「ORACLE MASTER」や「Sun Java」、「MCP」(Microsoft Certified Professional)のような、民間の認定試験もたくさんあります。

ORACLE MASTER、Sun Java、MCP は、世界共通の資格で、製品に関する知識やスキルを判断する目安となります。

採用する会社側から見ると、その求職者がどれくらいのスキルを持っているか判断することは、なかなか難しいものです。資格を持っていると、レベルが把握しやすいのです。

専門学校や大学、民間のプログラミング講座を終了してから、就職活動をする場合は、過去の卒業生の実績から、ある程度のレベルを予測できます。

その場合は、資格が無くても採用することがあります。

また、会社によっては、資格取得を奨励しているところもあります。

会社が資格試験の受験料を一部負担してくれたり、資格を取得すると、毎月の給与に手当てがプラスされることもあります。

そのため、会社に入ってから資格を取得するのも手です。

手当ては、試験の難易度によって変わることが多いようです。合格した場合のみ、費用を負担してくれるということもあります。

企業によって方針が違うので、確認してみるとよいでしょう。

多くの社員が資格を取得していると、会社全体の技術力の向上になります。

特に、他社へプログラマーやシステムエンジニアなどの技術者を派遣している会社では、資格を持っている社員が多いと、派遣しやすいというメリットがあります。

つまり、資格は無くても大丈夫だけれど、取得していると、就職や転職に有利なことがあるということです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






IT転職・就職 入門講座 TOPへ