スポンサードリンク

プログラマーとして、転職・就職前に身に付けておきたい基礎知識について。

IT転職 や就職するには、プログラミングやデータベースについての基礎知識を身に付けておいたほうが有利です。

入社すると、システム開発技術以外にも、学ばなければならないことが多いからです。

新卒なら、一般的な社会人として必要な知識も身に付ける必要があります。

例えば、挨拶や名刺交換、電話の対応などです。

他にも報告書のような書類の書き方など、会社ごとにやり方があるので、覚える必要があります。

それにプラスして、専門的な技術を覚えなければならないので、結構大変です。

そこで、入社後に焦らないためにも、システム開発の基礎知識は、入社前に身に付けておきたいものです。

IT業界は範囲が広いので、プログラミングといっても、ゲームから業務システムまで様々です。

もちろんゲームと業務システムでは、開発に必要なスキルが違います。

C言語や C++ が求められるかもしれないし、Java言語やVB、PHPが必要かもしれません。

また業務システムなら、ほとんどが四則演算で大丈夫ですが、ゲームの場合には、座標や三角関数のような数学の知識が必要になるかもしれません。

入社すると、社内研修があるので、詳細な技術は学べます。(無い会社もありますが)

でも、入社前に基本だけでも学んでいたほうが、心の余裕ができます。

そこで今回は、共通の基礎知識として、入社前に学んでいたほうがよいものを紹介します。

・プログラミング言語
・データベース
・SQL

システムを開発するには、プログラミング言語を使わなければなりません。何か一つ習得しておくと、二つ目以降のプログラミング言語は、かなり楽に習得できます。

Java言語は、応用範囲も広いので、おすすめです。

でもいきなりオブジェクト指向言語は難しいという人には、Accessで VBAプログラミングからはじめるのもおすすめです。

また最近のシステム開発では、データベースを使うことが多いので、何か一つデータベースを使えるようにしておいたほうがいいでしょう。

手軽で簡単なのは Accessですが、MySQLは利用範囲が広いのでおすすめです。

ゲームでも、ログイン時などにデータベースが使われていることがあるので、勉強になります。

データベースを学ぶ時には、同時にSQL(structured query language)という、データベースに問い合わせをする言語も学んでおくとよいでしょう。

SQLは、プログラムの中からデータベースを操作するために、頻繁に使われます。

これらの基礎知識を無料で学べるように、各入門講座を用意したので、よかったら活用してください。

左サイドメニューの「関連する入門講座」からリンクしています。

プログラミング初心者入門講座」は、プログラミングそのものの知識というより、考え方や学習のコツを書いています。

プログラマーのような専門職は、何かとストレスが溜まりやすいので、考え方も大事だからです。これはプログラミングの学習にも当てはまります。

プログラミング初心者入門講座は、ポータルサイト的な位置付けで、無料メールマガジンも用意しています。

そして具体的なプログラミングとデータベースの知識は、各講座で学べるようになっています。

会社に入ると、覚えなければならないことが沢山あるので、ぜひ入社前に習得してください。

実は、入社後に、社内研修の内容が難しすぎて、基礎から学ぶために、当無料講座を活用している読者も多いです。

また、普通の会社に勤めていて、業務を効率化するために、プログラミングやデータベースを学び始める人も多いです。

スポンサードリンク






IT転職・就職 入門講座 TOPへ