IT転職でプログラミング技術以外に必要な知識について。

IT転職 で、プログラマーやシステムエンジニアになることを目指している人は、プログラミング技術以外にも、何か得意分野があると有利です。

経理や簿記、金融、経済、マーケティングなど、一見プログラミングと関係無さそうな分野ほど良いと思います。イラストが描けるということでも素晴らしいです。

よく「私は文系なので・・・」というふうに、「文系」と「理系」を区別して言いますよね。

プログラミングは、理系に有利と思われていますが、実は文系に有利な分野もあります。

理系は技術的なことが好きだし、パソコンのような機械を扱うことに抵抗がありません。むしろ得意です。また数学や物理が得意な人も多いです。

仮説、実験、検証といった、論理的に考えることにも慣れています。

そのため理系の人は、比較的プログラミングを習得するのが速いです。制御系やOS、ゲームなど、高度なプログラムを作成するのにも向いています。

しかしプログラミング言語は「道具」なので、それだけではあまり意味がありません。

何かと組み合わせて初めて力を発揮します。

例えば、業務システムを作る場合は、プログラミングに関する知識以外にも、業務に関する知識が必要です。

経理ソフトを作るには、簿記の知識が必要になるので、簿記の資格を持っていると、それだけで有利です。

商業高校などでは、簿記の資格を取る人が多いので、業務に関する知識は、身に付けやすいのです。

それに対し、簿記の知識が無いプログラマーは、プログラミング以外の部分で苦労します。

そもそも業務システムの場合は、会社の「業務」をコンピューターでシステム化したものです。したがって事務系の人は、既に業務に関する知識は持っていることになります。

あとはプログラミングの知識を習得すれば、システムを開発することができます。

つまり文系に有利な分野もあるということです。

また、銀行や証券会社のシステムを作るなら、金融の知識が必要です。銀行と証券会社では、もちろん業務が異なります。

同じ業界でも、会社によってやり方が異なるので、業務に関して学ばなければならないことが、たくさんあります。

私は官公庁向けの業務システムを、いくつか手がけた経験がありますが、民間の会社とは異なる独特な業務が多いです。

民間企業の業務は利益を得るための活動ですが、役所の業務は予算を消化する(使う)活動が多いからです。

そのため、まずは業務を理解し、分析することからスタートしました。

システム開発を終えた頃には、すっかり業務も覚え、担当者と専門用語で会話できるようになりました。

このように、業務システムの開発では、プログラミング以外の知識がとても大事になります。

そのため、IT転職や就職をする際には、これまでに何を経験してきたかとか、広範囲の知識がある求職者のほうが、有利だといえます。

採用する側も、その辺をチェックしています。


【補足】
「業務」と「プログラミング」の両方に詳しい人が理想的ですが、そういった人はなかなかいません。

そこで、通常は以下のように歩み寄ります。

・プログラミングに詳しい人が、業務を学ぶ
・業務に詳しい人が、プログラミングを学ぶ

一般的なプログラマーの場合は前者です。でも最近は後者も増えていて、自社開発するためにプログラミングを学ぶ人も多いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






IT転職・就職 入門講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。