スポンサードリンク

IT転職 プログラマーやシステムエンジニアになるには?

プログラマーシステムエンジニアになるのに特別な資格は要らないので、誰でもなることができます。学歴もあまり関係ありません。

あなたが「私はプログラマーです。」と言えば、今日からプログラマーです。

しかし採用されたり、仕事があるかどうかは、別の話です。

プログラマーやシステムエンジニア(SE)は、完全に実力勝負の世界です。資格は要らないのですが、技術はしっかり身に付ける必要があります。

*取得しておくと有利な資格はあります。

プログラマーやシステムエンジニアとして仕事をするには、ソフトウェア開発会社に入るか、独立開業することになります。あとは派遣という方法もあります。

通常は、どこかの企業に入社して技術を磨き、そのまま会社に残るか、転職したり、独立する道を進みます。

プログラマーとして入社するためには、採用試験や面接を受けます。

募集時の条件として、「実務経験者」のみの会社もあれば、「未経験者」でも可能な会社もあります。

実務経験者のほうが、選択肢が多いことは確かです。でも未経験者にもチャンスはあります。

プログラミングを学べる機関としては、大学、専門学校、高校、民間のプログラミング講座などがあります。

プログラマーになるために、わざわざ学校に入るのは大変なので、民間のプログラミング講座が一番現実的です。

受講後に就職先を紹介してくれるところもあります。

その講座の過去の受講生が活躍していれば、企業側も受講生を積極的に採用している場合があります。(実務経験が無くても大丈夫なこともある)

他の方法としては、人材派遣会社に登録して、派遣先で経験を積むという手もあります。

IT関連の仕事は多いです。
IT系求人情報なら転職・派遣・アルバイトの「ITワーク」へ


ITワークでは、無料登録し、ネットで履歴書を入力すれば、企業からスカウトメールを受け取ることができます。

「私の経歴で、採用してくれる会社はあるのかな?」と思っている方におすすめです。

あなたを求めている会社の中から選んだほうが、就職や転職の効率は良くなります。

とりあえず経験者になって実力を付ければ、プログラマーとしての選択肢も増えます。

↓関連する記事もご覧ください。
特集 今からでもプログラマーになる方法。
より詳しく書いています。

スポンサードリンク






IT転職・就職 入門講座 TOPへ