IT転職 プログラマーになって良かったと思える瞬間とは?

プログラマーシステムエンジニアになって「良かった」と思える瞬間はいろいろあります。

まずプログラミングには、「作る楽しみ」や「創造する楽しみ」があります。

自分の頭でイメージしたものが、表現できるというのは、とても楽しいものです。

しかもプログラミングは、時間以外のコストがほとんどかからないし、材料も不要なので、何度でも試行錯誤することができます。

作ったプログラムが、思い通りに動いた時は、「やったー!」という満足感があります。

プログラミングは、時間を忘れるほど熱中できるのも魅力です。

また、自分で作ったシステムが、顧客先で実際に稼動していて、「役に立っている」とか、「ありがとう」と言ってもらえた時は、とても嬉しいです。

本当に「作ってよかった」と思える瞬間です。

特に顧客と接することの多いシステムエンジニアは、実感すると思います。

現在では、生活の様々なところまで、プログラムが活用されています。

パソコンだけでなく、携帯電話、家電、自動車、オモチャなど、プログラムで動いているものはたくさんあります。

銀行のATMもプログラムが無ければ、入出金したり、振り込むことができません。

このような生活に密着したシステムのプログラム開発に関わると、「社会に貢献している」と実感できます。

あなたが作ったプログラムで、世の中が動いているわけですから。

一般向けに市販するパッケージソフトウエアの場合は、売れる本数が、役に立っている目安になります。

たくさん売れるということは、それだけ多くの人の役に立っているということです。

もし儲かれば、次のソフトウエアの開発に投資できます。

無料で使用できるフリーソフトウエアなら、ダウンロード数が目安です。

ゲームのプログラムなら、「楽しんでもらえる」というのが、モチベーション(動機づけ)になります。

それから、プログラマーは一般的な事務職よりは、賃金が高めです。求人も多いので、IT転職や就職する場合にも選択肢が増えます。

最初は、お金を稼ぐためにプログラマーを目指すというキッカケでもいいと思います。

次第にプログラミングの楽しさや魅力がわかってきます。

↓関連する記事もご覧ください。
プログラミングの面白さとは
プログラミングはあなたの資産になる
プログラミングが出来ると月80万円の価値があるかも!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク






IT転職・就職 入門講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。