スポンサードリンク

IT転職 プログラマーにありがちなストレスを防止する方法について。

プログラマーシステムエンジニアのような専門技術職は、何かとストレスが多い職種です。

あらかじめストレス対策を考えておくことは、予防になるので大事なことです。

プログラミングは、ミスの許されない作業です。納期が近づくと長時間労働になりやすい面もあります。

そのため、精神的な緊張が続き、体の疲れもたまりやすくなります。

症状がひどくなると、うつ病(鬱病)になる人もいるので、注意が必要です。

うつ(鬱)とは、気分がめいったり、気力が出ない、不安感が現れる状態のことです。

真面目で、責任感のある性格の人ほど、症状が出やすいと言われているので、気をつけてください。

でもこの性格は、プログラマーやシステムエンジニアに必要な資質でもあります。

上手くコントロールして、ストレスを防止しましょう。

ストレスを防止するには、以下のような点に注意すると有効です。

・睡眠
まず最優先で、睡眠時間を確保するようにしてください。

睡眠時間が不足すると、思考力や判断力が低下します。気分が滅入ることもあります。

眠い時は、そのまま仕事を続けても、生産性は向上しません。ミスも多くなります。

睡眠時間は、最低でも7時間は欲しいです。7時間以下の人は、病気にかかりやすい傾向があるとも言われています。

睡眠をしっかりとると、「あれ?何を悩んでいたんだろう?」ということもあります。

お昼休みなどに、10分〜15分くらいの仮眠をとると有効です。

↓関連する記事もご覧ください。
プログラミングと睡眠の大事な関係とは。


・食事
プログラマーやシステムエンジニアは、開発に集中するあまり、食事の時間が不規則になりがちです。

食事が不規則になると、生活のリズムが崩れやすくなります。

プログラミングは意外と体力を使う作業です。それに脳にしっかり栄養を補給しないと、集中力が持続しません。

だから栄養のある食事は、とても大切なのです。


・タッチタイピング
タッチタイピングができると、プログラミングの時間が短縮できます。また報告書などを書く時間も短縮されるので、ぜひ身に付けておいたほうがいいでしょう。

*ブラインドタッチということもある

タッチタイピングが出来なくても、プログラマーになることは可能です。でも出来たほうが、疲れは少ないです。

例えば、本に書かれているサンプルプログラムを入力したい時、タッチタイピングができると、すぐに試せますが、出来ないと入力が面倒になります。

頭だけで考えるのと、実際に手を動かして試してみるのとでは、得られるものが違います。

でもキー入力が2倍速いからといって、プログラミングが2倍速くなるわけではありません。

プログラミングは、入力するより、思考している時間のほうが長いからです。

タッチタイピングは、必ずしも出来る必要はありませんが、出来たほうが便利なのも事実です。

それにタッチタイピングは、誰でも身に付けることができます。

↓関連する記事もご覧ください。
1日たった10分の練習で、1ヶ月でタッチタイピングが習得できる方法。


・コミュニケーション
プログラマーは一人で作業をしていると思われがちですが、意外とコミュニケーションの必要な仕事です。人間関係が大事なのは、どんな仕事でも同じです。

現在はシステムが大規模化し、複雑になっているので、一人で作るのは困難です。普通は、複数のプログラマーが、分担してプログラミングを行ないます。

そのため、プログラマー同士のコミュニケーションや、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーとのコミュニケーションも必要です。

プログラマーのような技術者は、元々パソコンの操作が得意なので、報告や連絡、相談をメールでやり取りすることに抵抗がありません。

また、メーリングリストを使って、みんなで情報を共有することもあります。

メールやメーリングリストを使うと、記録として残るので、「言った」「言わない」などのすれ違いを防げるメリットがあります。

離れた場所にいる人と、情報のやり取りをするのにも有効です。

ただ、全てメールに頼ると問題もあります。

隣や向かいの人なら、直接話せば数秒で済むのに、メールを書いて送ると時間がかかります。これでは生産性に影響します。

ある会社では、隣の席や向かいの席とのパーティション(間仕切り)を取り除くことで、社員同士に会話が生まれ、コミュニケーションが改善した例があります。

さらにプログラミングの生産性も向上したようです。


・質問
どうしてもわからないことは、質問できる先輩や同僚を作っておくことは大切です。

数日悩んでいたことが、「聞いたら数分で解決した」ということはよくあります。

でも必ず自分で調べてから、質問するようにしてください。

調べればすぐにわかることまで質問するのは、相手に迷惑です。会社としての生産性も落ちてしまいます。


IT転職や就職で、プログラマーやシステムエンジニアを目指す人は、ストレス対策をしっかりして、長い時間のプログラミングに耐えられる、強い精神力と、体力を身に付けましょう。

スポンサードリンク






IT転職・就職 入門講座 TOPへ