スポンサードリンク

IT転職 35歳以上からプログラマーを目指すには?

プログラマーシステムエンジニアは、長時間プログラミングを行なうため、体力と精神力が必要な業種です。

そのため求人票の条件に、「35歳まで」と書かれていることがあります。

年齢制限があるのは、体力的なこともありますが、入社してからの教育期間、賃金などを考慮しているからです。

でも実務経験者の場合は、年齢が「不問」のことがあります。実務経験者は、即戦力として期待できるからです。

*未経験者でも年齢が不問の場合もあります。

それでは、35歳以上の未経験者が、プログラマーやシステムエンジニア(SE)を目指すには、どうしたらいいのでしょうか?

実はプログラミングができるからといって、職業としてのプログラマーや SE になることに限定しないほうがよいのです。

一番手軽で簡単なのは、今のあなたの仕事に、プログラミングの知識が活かせないか、考えてみることです。

自分の仕事をプログラムで効率化することで、短時間で正確に、もっとたくさんの量をこなせるようになります。

すると生み出された余裕の時間で、他のクリエイティブな仕事をすることができます。

逆に余裕の時間で、余暇を楽しむという道もあります。人生、遊びも大切です。

ここでぜひ覚えておいて欲しい大事なポイントがあります。

それは・・・

「あなたくらいプログラミングができる人は、いっぱいいるかもしれない。
でも、あなたが今やっている仕事の分野を、あなたほど知っているプログラマーは少ない。
もしかしたら、他にはいないかも知れない。」

と言うことです。

もちろん、競争相手が少ない(またはいない)分野で勝負したほうが楽ですよね。

ソフトウェア開発会社だけでなく、一般的な企業でもシステム部門で、プログラマーやSEを必要としていることがあります。

入社してプログラミングの経験を積めば、今度は実務経験者としての転職の道も開けます。

もしシステム部門が無くても、職場に一人プログラミングが出来る人がいると重宝するので、社内プログラマーや職場プログラマーといった需要もあると思います。

また、プログラミングと営業に自信があるなら、独立開業する道もあります。

つまり、35才以上の人でも、プログラミングを活かすチャンスはあるということです。

↓関連する記事もご覧ください。
誰でもプログラミングで成果を出しやすい時代になった。

IT転職や就職で、職業としてのプログラマーを目指すだけでなく、いろんな道を考えてみると、選択肢が広がります。

スポンサードリンク






IT転職・就職 入門講座 TOPへ